全国会社設立・ 決算税務申告迄10万円|アカウンティング

就業規則策定と見直し

  • HOME »
  • 就業規則策定と見直し

29,800円から作成出来る御社の就業規則

就業規則を作成したいが、出来る限り低価格で、しっかりとした就業規則を作成したい!

そんな思いで社労士事務所などをお探しの事業者、経営者の皆様に、社会保険労務士、特定社会保険労務士、経営コンサルタントなどの連携により、ご自身で作成される場合に想定される価格に沿って、就業規則作成と見直しを、まさにお客様目線の価格 29,800円から、もっとも低額でありながらも高品質な、まさに御社様の就業規則をお届けいたします!

従来、就業規則作成の場合、事業者様、経営者様と直接お会いして、事務所、工場などを見させて頂き、必要と思われる場合には、複数の従業員様と直接に面談などさせて頂き、その上で、2ヶ月から3か月、事業の規模によりましては、半年から1か年を費やして、就業規則は作成され、そのあと、従業員様への説明会を複数回行うことで、まさに具体化し、策定してきたのが実態です。

しかし、インターネットが全盛のなか、お客様からのニーズは大きく変化し、中小の会社様からは、より低価格で、より早く就業規則が提供されることが求められています。

最初に、当事務所では、なぜ、低価格しつつ、よりよい就業規則をご提供出来るのかをご説明いたします。

1.当事務所では、複数の社会保険労務士、経営コンサルタントにより、様々な経験をもとにした、ひな形、そしてひな形へのチェックシートを作成することで、中小事業者様個々の事業所において対応出来るように対応を可能としました。

2.北海道から、九州まで全国対応としました! メール、更に当事務所からのお電話で打ち合わせ、調整を行い、特にご希望が生じた場合にのみ、有償での現地サポートを行うことで経費を下げました。

3.お支払いを原則、事前にお支払い頂くことで、更に価格を下げる努力をいたしました。

そもそも小さい会社での就業規則

現在、従業員が10人未満の場合には、従業員の意見書は義務ではなく、労働基準監督署への提出義務もありません。
ただ、それが即、就業規則は不要と結びつくかと言えば難しいところで、仮に就業規則として、明文化なされていなくても、「給与をどのように決めるのか?」「残業代をどのように算定するのか?」「有給日数は法定通りか?」など、様々な取り決めは必要なものです。
もし、ルールとして明文化されていない場合には、従業員側はもちろんですが、雇用者側からも、毎回違う事を言ってしまうといった問題が生じ、困った状況に陥る可能性があります。

無用な雇用トラブルを避け、かつ、従業員のためと言いますが、実際には、会社、経営者側を守る上でも、ルールは必要不可欠なものであり、それこそが就業規則となります。

就業規則をご自身で作る?

 低コストを叶える上では、ネットで多く掲載されているサンプルを元にして、ご自分で規則を書き起こし、無料相談などを利用して規則をチェックしてもらうという形式であれば、ご自身で就業規則を策定することは可能です。
しかし、実際に作成した事例では、残念ながら、費用を節約した金額と、それらに費やした手間と労力が見合うかというと、難しいところです。また、もしも、労働紛争に至った場合には、規則の不備が問題とされる事例も多のです。その際には、数百万円の損失につながることもめずらしくありません。

誰しもが、「ネットでのひな形に手を加えるだけならばすぐに終わる」という目論見で作成されるのですが、いざ、ご自身の会社とされた場合、なかなかはかどらないもの。どこか足りない部分、どこか誤っていないか? どこかに穴はないか?
更に、ご自身で、就業規則を作った場合、大前提ですが、必ず就業規則、というよりも労働法令に詳しい社労士、もし可能なら労働問題に通じた弁護士に内容をチェックしてもらう必要がありますので、コストの問題さえ解消出来るなら、私ども専門家にお任せになるべきです!

就業規則の作成を原案の作成から社労士事務所に委託すると、サンプルやひな形に穴埋めするだけであっても、150,000円~300,000円程度が相場でした。更に会社の実態に合わせていったり、理想とする制度の設計までをやって頂くと、最悪ケースで500,000円程はかかってきます。

お見積もりでの概要

就業規則を作成、または策定する際に、お見積もりの段階で、お客様から、あらかじめご予算を伺うわけですが、その前提として参考にして頂けるように、中小事業者様、会社様での価格の目安を記載しておきます。
ただし、単に社会保険労務士という資格が、就業規則を作成するものではありませんし、労働紛争、労働裁判を経験した社会保険労務士、もしくは労働問題での顧問弁護士を擁する社会保険労務士が適任であることは申し上げるまでもありません!

就業規則作成 100,000円 以下 、実は、低価格に分類される価格帯となります。

●  専門家が作成したひな型を元にして、お客様の会社の内容での加筆、修正 ・・・・50,000円~100,000円
●  社会保険労務士は アドバイスを受け持ち、就業規則の作成はご自身でされる・・・30,000円~50,000円
●  ご自身で作成された就業規則の内容を添削して、加筆、修正・・・30,000円~100,000円

基本的には、メールや電話でのやり取りだけで作成していくことになると思います。期間は数日~2週間ほどとなります。

就業規則策定 150,000円~300,000円 、この価格帯が通常の価格となります。

基本的には、1度事務所に伺い、事務所の雰囲気や業務を確認します。その後は、主にメールや電話でのやり取りで作成していくことになると思います。作成後には、社員の皆様への説明会を受け持ち、労働基準監督署への提出なども行います。期間は2週間~2か月ほどとなります。

なお、労働安全衛生法が改正されましたので、建設業の皆様など施行に向けて、様々な対処が必須となってまいります。

現在、【小規模会社・就業規則 29,800円】を基本に、【建設業・就業規則 39,800円】。【介護施設・就業規則49,800円】など、様々な業種向けにカスタマイズしまして、低価格、高品質でのご提案させて頂いております。
ぜひ、ご相談下さい。

 

監事・社会保険労務士

出縄 京子(でなわ きょうこ)
社会保険労務士 登録番号 第13120620号
中小企業福祉事業団 幹事

東京司法書士会会員 登録番号 第6066号
簡易裁判所訴訟代理権認定 認定番号 第1001144号

宅地建物取引主任者
行政書士資格者

 

山田特定社会保険労務士
丸山社会保険労務士

 

 

受付時間 9:30 - 18:30 (日・祝除く) TEL 03-3818-2011 Mail : zaimu@business-coop.org

会社設立・電子定款の無料相談
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.